×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

photo monzen85
愛宕神社の門前町 嵯峨鳥居本
                                交通  JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅下車 徒歩15分      
                                所在地 京都市右京区嵯峨鳥居本仙翁町 他

photo atago88

photo atago87
嵯峨野は、古くから詩人や歌人に愛され、文学の舞台として数多く登場する。「源氏物語」や「平家物語」を初め、「古今集」や「新古今集」にもしばしば詠われている。平安時代には皇室関係の別荘が次々と建てられ、鷹狩りや桂川での舟遊びなどの遊興を楽しんだ。 嵯峨野の西北に位置する鳥居本地区は、小倉百人一首ゆかりの小倉山と、五山送り火の「鳥居形」がともる蔓陀羅山の山あいを通る一筋の道・愛宕街道沿いにある。江戸中期、愛宕詣の門前町賑わい、江戸時代末期から明治、大正にかけてこの愛宕街道沿いには、農家、町家のほかに、茶店なども建ち並ぶようになった。嵯峨鳥居本のまちなみは、愛宕街道に沿って化野念仏寺を境にして、愛宕神社一之鳥居に近い上地区には、藁葺き屋根の農家風の民家が多く、茅葺き屋根の下には、町屋の千本格子や、太い米屋格子が見られる。駒寄せはなく、柱に鉄のかんが取り付けられている。一之鳥居のそばには、大きな茅葺き民家がある。 この地区に点在する茅葺き民家の典型で、古くから鮎茶屋として知られている。明治初期の建築で、間口7間、奥行き3、5間の主屋を中心に、のちに背後部に4室の座敷を増築している。外観は片入母屋造かや葺き屋根で、遠望すると、入母屋の破風と一之鳥居、そして背後の緑が相互に引き立てあって、集落全体のアイ・ストップともなり独特の美しい景観を形成している。下地区は、落柿舎から祇王寺にかけて、化野念仏寺に至る景観で、桟瓦葺きの屋根に虫龍窓、千本格子、駒寄せのある町家が続く、一般に町家は、間口が狭く、奥行きの長い短冊型の敷地割りが多いが、この地区の町家は、間口が広く、主屋と平行して、土蔵や庭を囲む門、塀が見られ、見越の緑が通りから眺望でき、まちなみに変化とうるおいを与えている。
photo atago3
垣根にも独特 の風情があり、 嵯峨野の景観を特徴づけている。下地区の天竜寺から落柿舎周辺にかけて、竹穂垣と称する竹の穂先や枝の穂先を上に向け、立ち上げ並べて竹の半割の押緑を横に上下、両面より結い付けて仕上げた竹垣が見られる。立子の穂の上端の仕上げ方次第で、表情が大きく変わる。上端を一線に切り揃える場合、野生的にふり放し風にそよがせる場合、穂先をきれいに開いて、茶筅風にまとめる場合などがある。いづれの場合も、細い竹の不規則な曲線が優美な情景を創り出している。
鳥居本町の中間にある化野念仏寺は、三百年前よりこの地方が共同の埋葬地であった為、付近一帯に散在する無縁仏、約八千体を集め供養している浄土宗のお寺である。

photo atago86

photo atago89

(このまちをもっと詳しく知りたい方 メール でお問いあわせ下さい・コピーサービス)

nnnnnnこの町を旅する便利な情報集   

●観光案内  嵯峨野 化野念仏寺 ●付近の見所  東映映画村 比叡山
●案内地図  京都付近地図 ●天気予報  天気予報(YaHoo)
●博物館  嵐山美空ひばり館 ●おみやげ  生八ツ橋夕子
舞妓体験  舞妓体験 ●乗換案内  乗り換え案内路線情報
●もっと詳しくこの町を知る本    東海道名所図会を読む   源氏物語いま語り
京都お寺・神社謎とき散歩 京都恋人形殺人事件